講習会&協会練習 20180811

最近、参加者が若干少なめの第1部、しかも新潟まつり期間中なのに、この日は参加者多数。それもそのはず、ピョンチャンオリンピックに日本代表として出場した両角公佑選手による講習会があったからです。超一流選手にコーチしてもらえるとあって、みなさんいつもより(?)真剣です。2時間たっぷりとコーチしていただきました。

まずは全員で準備体操で身体をほぐして。

氷上では空デリバリーからスタート。

初心者のコーチをしてみるとわかりますが、人におしえるって大変です。しかもひとりで大勢を指導するのはとても疲れるんです。

見てもらっていると思うと、自然と集中力もアップし、力が入ります。

ポイントを細かく説明してくれます。

デリバリーの次はスイーピングの指導もしていただきました。

自ら実演しながら詳しくていねいに説明してくれます。テレビで見るのとは違い、生で見られるからこそわかることもたくさんあります。

4人ずつに分かれて、チームによるドローショットの練習。

 

そしてテイクショットの練習。片方のチームがストーンを任意に配置し、相手チームがテイクアウトします。新潟ではこういうタイプの練習はしたことがありません。当たったあとの石の飛ぶ角度を理解していないと、勝利は難しくなります。

チームで相談しながら配置します。

各チーム、いろいろな配置を考えます。

どうやったら効率よくテイクアウトできるか・・・

 

最後は1エンドゲーム。エンド数や点差を設定して行います。普段、何気なくやっている練習も、考えなければいけないことがたくさんありました。それだけで練習の質がこんなにも変わるのかと感心しました。

ゲーム終了後にはプレイバックしてポイント解説までしてくれました。至れり尽くせりです。

一流の競技者は人としても一流でした。どんな質問にも一生懸命答えて下さり、参加者全員、普段聞くことのできない話に耳がダンボになってました。いつもより楽しく集中した練習となり、大きな収穫となったのではないでしょうか。両角公佑選手、本当にありがとうございました。

最後はみんなでパチリ!

個別の写真撮影にも快く応じてくださいました。

なお、翌日8月12日には一般の方を対象とした両角公佑選手によるカーリング体験会が行われます。

 

で、直後の第2部はいつものように練習。講習会のテンションそのままに、ゲットしたばかりのノウハウで練習する人、講習会で燃え尽きて疲れている人、講習会に参加できず、フレッシュな人、いろいろいます。

 

前週より再開したリーグ戦。S・fesrain VS ローリングストーンリール。どちらのチームもリーグ戦初参戦(?)。顔は見おぼえありますけど。