柏崎アクアパークの氷上体験会が開催されました。

11月10日(土)に柏崎アクアパークでは氷上スポーツ体験会が開催されました。
今回で9回目を迎えるこのイベントではカーリング協会も
柏崎氷上競技連盟の一員としてスケート競技団体と施設と協力し
運営にあたっています。

今年は開館25周年 アイスリンク感謝デーの行事として
特別ゲストには元フィギュアスケート選手の小塚崇彦さん(トヨタ自動車)を迎え、
カーリング、フィギュアスケート、アイスホッケーの体験には
市内や県内、県外からも多くの参加がありました。

カーリング体験はフルサイズ 1シート、半分のサイズを2シート用意し、
短時間ながらも子どもから大人まで楽しめる内容で実施

まずは安全な転び方から

デリバリーの体験

フルサイズのシートでのデリバリーの指導

小塚さんにはフィギュアスケートのイベントを控えお忙しいところを
初心者に混じってカーリングを体験して戴きました。
さすが氷上のアスリート、スライダーをつけての移動はお手の物。
デリバリーも数回の練習でストーンがハウスに届くように・・・

若手協会員がスイーパーを務めます。

カーリング体験参加による記念撮影

カーリング体験会後はスケート教室や体験会。
小塚さんによるデモンストレーションでは、
フィギュアスケートの由来を初心者にも判るように解説されていました。
種目こそ違えども、話し方や説明方法は大変に参考になります。

デモの様子も少しだけご紹介します。
これは羽生結弦さんも得意とするハイドロブレーディングという技だそうです。

ホッケーも小中学生による模擬戦とシュート体験で盛り上がりました。

小塚さんには今回の体験会を盛り上げていただき
誠にありがとうございました。

またスケート、カーリングそれぞれの競技団体の
皆さんも互いに違った競技を体験することが、
相互の交流含めプラスになる事を実感した体験会となりました。

柏崎では今シーズンも氷上スポーツの普及活動を行います。
今後の活動にもご注目ください。
              (文章と写真:中野)