第9回柏崎オープンカーリング大会開催されました!

11月8日(土)~9日(日)の2日間わたり柏崎アクアパークアイスリンクでは第9回柏崎オープンカーリング大会が開催されました。
この大会での優勝チームには「第4回信州カーリンググランプリ」の出場権が与えられます。

参加チームは神奈川県、長野県、富山県から各1チームと新潟県は4チームの合計7チームがエントリーし、そして遠く青森から助っ人としての参加者もいらっしゃいました。

試合結果は神奈川県のチーム「横浜かもねぎ」が優勝。
2位は長野県の「岡谷酸素CC」、3位に新潟県の「チーム巻」が入賞しました。

新潟県勢はこの春から始めた方も多く、試合では最後まで勝負に挑戦出来るように、バランスを考えてチームメンバーの編成を行いました。
勝ったチームも負けたチームも最後まで諦めることなく集中してゲームに取り組んでいた姿が印象的でした。
二日間にわたる大会では、途中に行われるレセプション(懇親会)も楽しみの1つです。
大会初日の晩に行われた祝宴会場では県内県外の参加者同士での情報交換など懇親を深めているすがたも多く見られました。
今後のチーム間の交流の発展も期待出来そうです。

また大会に先立ってカーリングシート(カーリングのレーンをことですね)の準備作業を初めて見た方もいらっしゃったと思います。大会運営も各チームの協力で成り立っています。
今回の大会での経験を今後のレベルアップとカーリングの普及と振興に活かしていきたいと思います。

最後に今大会の開催にあたり柏崎アクアパークと新潟県カーリング協会、柏崎氷上競技連盟そして岡谷市カーリング連盟のご協力により充実した競技会が開催出来たことを感謝申し上げます。

以下は大会中の様子です。
カーリングシートを作る上での下準備作業です。
アイスキングというカーリング整氷機です。
先端の刃で氷面を削って整えます。

IMGP7437-s

 

氷面に水を撒いてペブルを作ります。
じょうろの様なノズルから小さい水滴が噴き出して氷面に細かい氷の粒を作ります。
仕上がりが均一になるように時計を持った人がペースメーカとなり、秒数を読み上げ
て歩く速度を一定に保ちます。

IMGP7442-s

 

ペブルを撒いた後にニッパーという器具で整えます。
刃で氷面を削るのはアイスキングと同じですが、これは手押しで仕上げの作業に使わ
れます。

IMGP7450-s

 

最後の仕上げです。
横に並べたストーンを左方向へ引いて氷の粒をならして仕上げます。
右からモップのようなシープスキンで、削れた氷を拭き取っていきます。
大雑把な説明ではありますが、これらの作業によりカーリングシートは作られています。

IMGP7452-s

 

試合開始です。
新潟県勢同士の対戦です。
お互い遠慮容赦無しで真剣そのもの。

IMGP7568-s

 

岡谷酸素CCの攻撃。
今回はカーリングシート作りで大変お世話になりました。

IMGP7569-s

 

横浜かもねぎの攻撃。
かもがねぎ背負ってくるどころかこちらがカモにされました(苦笑)

IMGP7581-s

 

ショットが決まるとガッツポーズも出ます。

IMGP7634-s

 

力強さを感じるスイーピングです。

IMGP7673-s

 

スイーピングを横から見るとこうなります。
間近で見ると迫力有ります。

IMGP7641-s

 

青森からの強力な助っ人です。
チーム巻の最終兵器だとか、そうでないとか・・

IMGP7681-s

 

富山ケンタウロスのスイーピング
真剣な眼差しの先には・・・・・

IMGP7684-s

 

優勝した「横浜かもねぎ」
名前にだまされてはいけません。
カモの羽毛を被った猛禽類かも・・・

IMGP7713-s

 

4位の「富山ケンタウロス」
賞品のコシヒカリを持って記念撮影
スキップのかけ声の威勢は今大会一番かも。

IMGP7719-s

 

この春から始めた新潟メンバーで記念撮影
(ベテランも混ざっていますが)
初めての方もいらっしゃいましたが大会を盛り上げて楽しんでいかれました。

IMGP7724-s

 

閉会後の記念撮影。
幅広い年代でも一緒に楽しめて競えるスポーツです。
興味のある方は是非リンクまで足を運んでみてください。

IMGP7750-s