5月23日協会練習

鉄壁のガード20150523_211741

我々新潟カーラーにとって「テイク」と言えば「相手のストーンをはじき出す」というイメージが強かったのではないでしょうか。強いウエイトで相手のストーンをはじき出してステイ、もしくはロール。決まれば気持ちがいいですが、ひとたびラインを間違えた時には取り返しがつきません。

今日はそれよりももっとウエイトを落とした「コントロールテイク」の練習をしました。相手ストーンをハウス外へ押し出し、あるいはハウスの奥へ押し込んでバックガードとして使います。ウエイトを落とすことによりスイープでの調整が可能となり、シューターも残しやすくなります。普段はノーマルウエイトのテイクしか使っていない我々は、コントロールウエイトの練習に全員が四苦八苦。誰一人として成功しませんでした。これを使いこなせるようになれば、戦術の幅もぐっと広がるはずです。ぜひ身に着けて、1段階上を目指しましょう。